top of page
  • yuukidpf

断熱材と遮熱材の違いをご存知ですか?


こんにちは☀


「断熱材をしているのに暑いんだよね」

「断熱材してるから大丈夫と思う」というお話をよく耳にします。


では、なぜ断熱材を入れても熱いのか、遮熱材の方がいいのか

断熱材と遮熱材の違いについて、今日はお話していこうと思います。


断熱材は、

熱の伝わりを遅らせます。

夏場の室内が断熱材を入れても熱いのは、時間をかけてゆっくりと熱が室内に入り、

蓄熱効果で熱を保持しているからです。

じわじわと室内へ熱が放出されていきます。


断熱材

一方、遮熱材は、

断熱材よりも薄く(シート状)、表面のアルミ箔によって輻射熱を反射(遮断)します。

夏は外部からの熱を反射(遮断)し、室内を快適に保ちます。


遮熱材

輻射熱を97%カットし熱を入れないということです!


また、プロックスヒートプロテクター®遮熱シートは

腐食防止コーテイングもされている為、半永久的に使用できるところもメリットです。



断熱材と遮熱材にはこのような違いがあります。

目的、用途、建物に合わせて検査を行い、

断熱材にするか、遮熱材にするか、

または、この2つを上手く組み合わせるのもいいでしょう。


無料お見積りはお気軽にお問い合わせ下さい。



【遮熱シート/無電極ランプ】

(有)ユウキ 小野







Kommentare


bottom of page